手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第2話の読めるサイト

手塩2 ネタバレ

止めてお父さん
そんなのお父さんじゃない…

お前は家畜だ
陽葵俺入れる…

陽葵の大きなおっぱいが揺れ続ける


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第2話 中に出したけど親子じゃないから問題ないよな ネタばれギリギリあらすじ

お父さんはもはや後先を考えることができなくなっていました
オッパイが丸出しになっている陽葵のパンツを脱がす

娘ではなく他人の女
セックスするためのもの
家畜 メス

お父さんはありとあらゆるひどい言葉を
陽葵に浴びせます

まるで自分がいじめられ続けたことの腹いせのように
自分は他人の子供を自分の子供と思って育ててきたまぬけ


自分を卑下して
そしてそういう自分に怒りがわき
自分の妻へ怒りを向けるのではなく

今まで愛して育ててきた娘に
自分の屈折した心のやりどころをもっていってしまいました

「ほら後ろ向け」
「ねえお父さんもうやめて…」

「やめるわけないだろう」
「やっぱりもう立派に毛が生い茂ってんな」
「セックスできるとしだもんな」

指でおま〇をぐちゅぐちゅとかき回わすと
陽葵のあそこはじっとりと濡れてきました


「おお指もすんなり入る」
「結構きついな」
「処女だもんな」

吐息が漏れてくる陽葵

「なあ陽葵俺入れるわ」

「何言ってんのお父さん」

しかしそんな言葉はもうお父さんには届きません
陽葵の股を大きく開き

お父さんの特大ちん〇がゆっくりと陽葵の中に入っていきます
「痛い痛い…」
「嘘嘘だもん…」
「やめてー」

「おお気持ちいい」
「気持ちいいぞ陽葵」

中に出してしまうお父さんでした


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第2話 中に出したけど親子じゃないから問題ないよな 感想

仲が良かったお父さん
なんでとずっと思っていたんじゃないでしょうか

ほんとにこんなこと…
真に受けてしまってちょっとショックでした


でもこういうことって男の人はできてしまう

作品の中にもありましたが
家畜

女性にとってこれも衝撃的な言葉でしたが
ただやるだけみたいな

そういう意味での表現
お父さんの心がほんとに崩壊してしまった

裏返せばそれほど大事に育ててきたのに
なんでとお父さん思っていた

2人にとってとても悲しい夜でした

でもこれがどん底
ここから新しいことが
前に向かっていく


そう思って

どんなエッチを繰り広げてくれるのかしらなんて…
期待してしまいます

陽葵ちゃんがどんなふうにお父さんとこれからエッチしていくのか
どんな気持ちの切り替えがあったのか
そんなこともとても気になっちゃいます


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました