手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第5話の読めるサイト

手塩1 ネタバレ

幸せなエッチが急に開けてきました
2人の合意のセックスで新たなステージに

大人の女として認められた口づけ
陽葵ちゃんの女の体がなまめかしく動く

はじめての騎乗位
また一つ陽葵ちゃんのエロが…

毎日エッチしないとね…


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて ネタばれギリギリあらすじ

陽葵ちゃんの気持ちはお父さんとずっと一緒に暮らしたい

でもレイプの事実を乗り越えるためにも
お父さんと自分の合意の上でのセックスをしないと…
あのままの感情じゃいや

陽葵ちゃんとお父さんがセックスします
「今はもう入れても大丈夫だから…」
「というより入れてほしいの」
「陽葵…」

少し痛い…
「大丈夫か?いったん抜くか」
「大丈夫抜かないでやっぱりお父さんの大きいから」
「少しびっくりしただけ」


お父さんは陽葵が大人になっているのを感じます
陽葵とこうしてセックスをすること
かわいい喘ぎ声を聞き大人の女を実感します

「お父さんキスして」
「ほっぺに?昔もやった」
「違うの口で…」

陽葵も大人の女としてみてほしい…
口づけしあうふたり

お父さんの高ぶりが激しく腰を振りました
2人はセックスの快楽を感じあいます


「まだ終わりじゃないよね」
「私ももっとやりたいしお父さんにも気持ちよくなってほしい」
「早くつぎやろう」

陽葵はお父さんをベッドに寝かすと
大きく股を開いてお父さんをまたがりました

「私騎乗位がしてみたい」
陽葵ははじめての騎乗位ですが
バトミントン部で鍛えた下半身で
しっかりと父のちんちんを咥え込みます

自分で動くことで
感じるところを見つけていきます


「すごい気持ちいいところ見つけちゃった」
「もっと擦る…」

陽葵の腰の動きが
お父さんのちんちんを刺激しました
お父さんは熱いものを陽葵の中に流し込みました

2人は快楽の中
陽葵はもうセックスなしではいられません
「これは毎日エッチしないと」


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて 感想

陽葵ちゃんとお父さん本当によかったです
2人合意のセックスで気持ちをリセットできて

陽葵ちゃんのひたむきなお父さんへの愛を感じましたね
陽葵ちゃんの一所懸命にするエッチが
お父さんをどんどん引き込んでいきますね


陽葵ちゃんはもちろんお父さんと一緒にいたいという気持ちですけど
娘とお父さんというところから

今回は大人の女としてというところが
強くなってきましたね

大人の女としてお父さんが好き愛している

毎日エッチしないと何て言われてしまって
おとうさんがんばって!!


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました