手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第3話の読めるサイト

手塩2 ネタバレ

女子高生が父親に犯される
何も悪いことをしたわけでもないのに…

家畜だとののしられ
大好きだったお父さんが
娘の処女を奪う

幸せな家庭に
一体何があったの
でしょう


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして ネタばれギリギリあらすじ

あんなにかわいがっていた娘の陽葵ちゃん

目の前のお父さんはもはや別人
お父さんはもう肉欲でしか行動していません

目の前の娘陽葵は娘ではなく
ただのメス
家畜と言い放ちました

娘の裸を見たのは何年振りか
すっかり大人の女の体になっています

そして心を閉ざしたお父さんは
生き物の本能のままに交尾をします
人間の理性など忘れているかのように…


「お前はセックスするために今まで俺が育ててきたんだ」
「家畜も同然」

激しくバックで腰をつきます
処女の陽葵は無言で受け止めます

お父さんは腰を振りながら陽葵に語ります
「ある日突然妊娠したから結婚しようて言ってきて…」
「俺はその時から疑いもなく母さんのおなかにいたお前は俺の子と思っていたんだ…」
「陽葵はずっと俺の子だと思っていたんだ」
「それなのに所詮単なる他人なんだっ…」

お父さんも明らかに混乱している
しかし陽葵はそれ以上に混乱しているでしょう


お父さんは陽葵のちいさいころを思い出しながら
そして母さんとのセックスを思い出しながら
ピストンを続けます

若いメスの体から想像以上の快楽を得て
お父さんは陽葵の中に出し切ります

お父さんは警察へいこうと家を出ます
お父さんが家を出る音がすると
陽葵が慌てて玄関を出ます

「待って」

「さっきは動揺していたけど私別にお父さんのこと怒っていないから…」
「今まで見たいに一緒に暮らそうよ ね」
「お母さんにも言わないから…」


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして 感想

女性にとっては悲しい出来事です
ちょっといたたまれないです

母親の行為が原因かですから
母親は許せません

いくらショックでもお父さんもひどいです


娘の陽葵が一番けなげ
とてもいい子に育ちましたね

お父さんの娘にかけた愛のたまものかもです
お父さんが大好きな陽葵ちゃん

大人の女になって
心境も変わってくるのではないかな?

これからの展開が楽しみですね


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました